肝油とはサメやマンボウといった海の生き物の肝臓から取り出した油成分のことです。

サプリメントとして使われるのが一般的なのですが、

この肝油には高血圧を予防・改善するという効果があります。

そのため近年では高血圧対策のサプリメントとして利用されることも増えてきました。

 

ではなぜ肝油が高血圧に効果的なのでしょうか。

それは肝油に含まれている成分が関係しています。

肝油にはEPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸という成分が含まれているのですが、

このEPAには血液をサラサラにする働きがあります。

 

血液がサラサラになれば血圧も自然に下がっていきますので

高血圧に有効という仕組みです。

 

高血圧の方は食生活に問題があることが多く、

そのことから血液がドロドロになってしまいます。

 

食生活を改善することも大切なのですが

仕事上の付き合いなどでどうしても難しいというケースも少なくありません。

 

そこで肝油を利用することで手軽に血液をサラサラにするわけです。

 

また、肝油にはダイエットを補助する効果もあります。

脂肪燃焼効果が高いため運動時に脂肪が燃えやすく、

いわゆるメタボの改善に役立ちます。

 

肥満も高血圧と密接な関係があり、

高血圧を改善するためにはダイエットも重要になってきますので

この点からも肝油は優れたサプリメントだと言えます。

 

こうした2つの働きによって肝油は高血圧対策のためのサプリメントとして重宝されています。

肝油と高血圧に関係があるというのはちょっと意外かもしれませんが、

高血圧に悩まされている方にはぜひとも利用してもらいたいサプリメントです。