ヤーコンヤーコンという野菜をご存知ですか?

最近、生活習慣病の予防にとても効果があると注目されているヤーコンです。

一見すると、サツマイモのように見えますが、サツマイモとは違います。

食感はシャキシャキしていて、少し甘みもあります。

ヤーコンは原産地は南米のアンデス高原で、キク科の植物になり、

地上部の茎葉は1.5メートルから2メートルにもなります。

 

日本に輸入されはじめたのは1985年頃からだそうです。

健康食材としてもそうですが、いろんな調理ができる万能食材としても有名ですね。

 

 

食べ方は本当にいろいろです。

生のままサラダでシャキシャキ感を楽しむのもよし。

油との相性もいいので、キンピラのように油で炒めるのもよし。

 

砂糖やお酒、醤油で味付けしても美味しいですし、

あえて砂糖を入れずに自然の甘さを楽しむのも良いです。

天ぷらにしたり煮物にしたりしてもいけますよ。

 

 

ヤーコンが健康食材だと言われるその秘密は栄養成分にあります。

実はヤーコンはフラクトオリゴ糖、食物繊維、ポリフェノールの3つが素晴らしく豊富なんです。

 

 

フラクトオリゴ糖というのは、別名オリゴ糖の王様とも言われていて、

ヤーコンは世界で最もフラクトオリゴ糖を含んだ野菜とも言われているんです。

 

その自然な甘みは甘味料としても充分に使えますが、

驚きなのはカロリーが砂糖の半分ということ。

 

 

もちろん砂糖のような甘さはありませんが、自然な甘さがグッドです。

フラクトオリゴ糖は便秘やダイエット以外に、コレステロールを減少させる効果もあり、動脈硬化の予防にもなります。

また、砂糖に似ていますが虫歯菌のエサにならないのが特徴で、虫歯予防にもなります。

 

 

ヤーコンの豊富なポリフェノールには抗酸化作用があり、その含有量は赤ワインと同じくらいです。

もちろん高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

 

わたしのお勧めの調理法はヨーグルトに混ぜること。

ビフィズス菌とオリゴ糖のコラボレーションがとても便秘に効く気がしますね。