高血圧に納豆は効かない?

 

納豆が血液をサラサラさせるため、高血圧の改善にとても効果があるということが分かっています。

その一方で納豆は高血圧改善には逆効果だという説もあります。

お医者さんによっても、納豆は食べないようにしましょうという場合もあります。

どちらもある意味において正解です。

ワーファリンと納豆

結果から言うと、
ワーファリンと呼ばれる薬を飲んでいる人は、納豆は食べない方が良いです。

 

ワーファリンとは高血圧や狭心症の治療薬として使用されていて、簡単に言うと血液をサラサラにして血栓が作られるのを防ぐ薬のことです。

ふたつとも同じ血液をサラサラさせる成分があるんだから相乗効果でいいんじゃないの?
とも思ってしまいますが違います。

 

納豆にはビタミンKが多く含まれていて、この成分がワーファリンの効果を激しく下げてしまうんです。

それが、納豆が高血圧には逆効果と言われる理由です。なので、ワーファリンを服用していない人には納豆は高血圧改善に効果があります。

ちなみに、薬は高血圧を治すものではありませんからね。理由は⇒『血圧を下げる薬では高血圧は治りません』で説明しています。

 納豆と言えばムチン

で、納豆の血圧を下げる成分の正体は「ムチン」と呼ばれる成分です。

ムチンと聞いてもあまりピンと来ないでしょう。それは、ねばねば成分のことです。

納豆の「ネバネバ」した成分が、実は血液を「サラサラ」させるんです。

そう、納豆の持つ「ムチン」にはサラサラ効果があるんですね。

 

このサラサラ効果を持つ「ムチン」ですが、納豆だけではありません。

  • オクラ
  • とろろ
  • なめこ
  • ねぎ
  • れんこん
  • 昆布

などにの含まれています。

 その驚きの効果とは?

では実際どのように良い作用をもたらすのでしょう。

ムチンは、食物繊維とたんぱく質がくっついてできた、多糖類と呼ばれる物質です。食物繊維は、腸に入ると、一緒に食べたものに含まれている糖分や脂肪を吸収するんです。

すると、本来吸収されるはずだった糖分や脂肪は、人体に吸収されることなく、そのまま便として体外に排泄されるんです。

その結果、余分な糖分や脂肪分を吸収することを防ぎ、血液をサラサラにし、高血圧を改善させることにつながります。

 

ムチンをはじめとする食物繊維の持つ効果は、高血圧改善にとどまらず、高血糖や高コレステロール改善にも効果が期待されています。

高血圧や高血糖、高コレステロール改善に効果があるということは、当然、肥満やメタボ予防にも繋がります。
さらに、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの予防にも繋がります。

 

納豆を全く食べない人は納豆を2~3日に食べる人に比べ、心筋梗塞になる確率が3倍になるとも言われています。

さらに納豆やオクラなんかにも含まれているビタミン類は美肌にも効果がありますね。

肌だけではありませんが、身体のアンチエイジングのことまで考えると、食物繊維だけでなく、ビタミン類もバランスよく摂ることが大切ですね。

 

ナットウキナーゼと呼ばれる酵素

また納豆のネバネバの中に含まれる酵素で、ナットウキナーゼと呼ばれるものがあります。

ナットウキナーゼは、なんと血栓を直接分解する働きを持っており、これもまた優れたサラサラ成分といえるでしょう。

でもナットウキナーゼにはひとつ弱点があるんです。

それは酸に弱いっていうこと。つまり、胃酸で活性がうしなわれちゃうんです。

そこでまたムチンの活躍です。ムチンがナットウキナーゼを胃酸から保護してくれるんです。なにかと凄いヤツですね。

さらに、納豆に含まれる納豆菌。これもまた言わずと知れた健康成分ですね。

納豆って、なんて素敵な食品なのでしょう。

納豆は食べにくいんだけど、って人向けにナットウキナーゼのサプリメントもあるようです。

こういったサプリメントなら納豆の臭みを気にする必要もありませんね。

楽天ではレビューも記載されているみたいなので、実際に購入された方の声もとても参考になるかも知れませんので気になる方は見てみて下さい^^

⇒ 楽天レビューはこちらから

 

また、食事をきちんとすれば薬に頼らないで高血圧を改善することは可能です。それにはちょっとした工夫が必要なんですよね。

というかある意味では王道的な方法ですが^^

その辺を詳しく知りたい方はこちらを見てみて下さい^^

薬に頼らずに高血圧を改善させる食事法とは

なんにせよ、健康的な体は誰もが望むところですね。