冬場のお風呂の温度、みなさんはどうですか?

冷え切った身体を温めるにはやはり熱いお湯に浸かるのが一番ですよね。

中には44度くらいが丁度いいって人もいるでしょう。

 

日本には温泉という文化があり、その文化は熱いお湯を好みます。

わたしの勤務するデイサービスでも、お風呂のお湯がぬるいと苦情がきます。

 

でもちょっと待ってくださいね。

熱いお湯は、場合によって命の危険を招きます。

 

入浴中の溺死なんかの事故はとても多いんです。

特に、12月~2月の間が多く、年間の入浴事故の半数を占めています。

ちなみに、入浴中の急死者の数は、全国で年間14000人と言われています。

 

 

入浴中の事故の多くは脳や心臓の急性疾患です。

そこに大きく関係するのが血圧です。

 

高血圧は動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳卒中を招きます。

入浴するためには衣服を脱ぎ、裸になりますよね。

すると、身体が冷えて血圧は一気に上がります。

 

次に熱いお湯に浸かると、突然の温度の変化に身体がびっくりして、

また血圧は一気に上がります。

 

血圧が上がるということは、血管には相当なダメージがかかっているということです。

普段から血圧が高い人がさらに、瞬間的に、急激に血圧が上がると、血管が破れたりすることもあります。

はい、脳出血です。

 

また、熱いお湯でたくさん汗をかき、体内の水分が失われると血液の粘度はが上がり、ネバネ

バドロドロの血液になってしまいます。

すると血管が詰まりやすくなるのは目に見えていますね。

はい、脳梗塞です。

 

お風呂の危険はそれだけではありません。

身体が温まると、血管は拡張して血圧は下がります。

その状態で急に立ち上がったりすると、起立性の低血圧によってふらつき、意識障害を起こすこともあります。

意識がもうろうとした状態で湯船に転んだり、転んだ拍子に頭をぶつけたり、また身体を骨折したりすると。

はい、溺れます。

 

 

一応、お湯の基準値は42度といわれています。

でもこれ、適温と言うわけではありません。

それ以上に熱いと危険ですよっていう基準です。

 

 

でも、本当に気をつけるべきなのは激しい温度の変化です。

脱衣室と浴室をなるべく暖かくし、入浴寸前と入浴中の温度の変化を最小限に抑えることが、入浴事故を少なくするコツでもあります。

安全に、入浴を楽しむためにしっかりと入浴事故を予防しましょうね。