メタボリックシンドロームという言葉はもはや広く普及しています。

 

でも、実際に何?

と聞かれると、ちゃんと答えを知っている人は意外に少ないんです。

 

あなたはどうですか?

 

 

世間一般的なメタボのイメージは、「肥満」のようです。

 

メタボリックシンドローム = 肥満

と思っている人、周りに多いのではありませんか?

 

まぁ、当たらずとも遠からず

といったところでしょう。

 

 

メタボリックシンドロームとは』のページでも詳しく載せていますが、

 

メタボとは、内蔵脂肪型の肥満を背景として

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質代謝異常

を複数持っている状態のことをいいます。

 

動脈硬化を引き起こす可能性がとっても高い、生活習慣病予備軍ですよってことです。

 

もっと具体的に言うと、

そのままほっとくと、その内に心筋梗塞や脳卒中を引き起こしますよ

って警告の意味を持った症候群です。

 

 

ちなみに意外と知られていないメタボの診断基準はココに載ってます。

⇒ メタボの診断基準

 

 

さてここで、内蔵脂肪型の肥満が前提のメタボだから、自分は関係ないって人も多いのですが実はそうではありません。

 

確かにウエストがメタボの診断基準の第1段階で、男性85cm、女性90cmですが、それ以下でも実はメタボな人が存在します。

 

それが隠れメタボです。

 

ポイントは内蔵脂肪型肥満であること。

これは、肥満体系であることを意味するのではなく、内蔵脂肪が過剰に蓄積された状態のことを指します。

いくら痩せてても、筋肉が少なくて内蔵脂肪が多ければ充分に身体に悪影響を及ぼしています。

 

でも、現在の診断基準ではメタボに該当しないため、そのような人を隠れメタボというんです。

当然、隠れメタボの人は自分がメタボだと言う認識はありません。

それどころか、メタボと診断されないため、そのままの生活が続きます。

そして気づかぬ内に高血圧や高血糖、高コレステロール血症が進み、さらには動脈硬化を促進してしまいます。

 

あなたはどうですか?

ウエスト測ったことありますか?

ご自分の血圧や血糖値、コレステロール値を知っていますか?

もし知らない人は今度調べてみましょうね。

あなたの身体を守るのは「あなた自身」です。