早食いの人ほど肥満傾向である。

これは多くの調査で明らかになっています。

食べる量が同じなら、早食いの人の方が肥満度が高いという報告もあるぐらいです。

 

 

「食べる」という行動は、脳の食欲中枢に支配されています。

満腹中枢と摂食中枢って聞いたことありますでしょ?

摂食中枢のことを空腹中枢と呼ぶ人もいますが、正式には摂食中枢です。

 

この2つの中枢神経は大脳の視床下部というところにあります。

 

 

「お腹がすいた」という状態は、摂食中枢が刺激されている状態です。

胃の中になにもない上体が続くと胃が収縮し、血糖値が下がったりしてエネルギー不足の信号が脳に送られ、摂食中枢を刺激します。

それにより空腹感を感じ、食欲が湧いてくるんです。

 

 

反対に、食事で胃の中に食物が送られると、胃が拡張し始めます。

また血糖値は上がり、インスリンが分泌されたりします。

 

すると、脳に「エネルギー不足は解消されましたよ」っていうい信号が発せられ、満腹中枢が刺激されます。

これが「お腹いっぱいだ」の状態です。

 

 

早食いのダメな点は、満腹中枢が刺激される前にどんどん食べちゃうので、本来からだが必要とする以上に食べてしまうって部分になります。

 

食べた直後は大丈夫だったのにしばらくすると急にお腹がふくれてきたり、噛みごたえのあるものを食べているとお腹がふくれたりって経験はあるでしょ?

ということは、肥満を防ぐためにはゆっくりよく噛んでゆっくり食べ、満腹中枢をしっかり刺激してあげることが重要なんですよね。