メタボリックシンドロームは蔵脂肪型肥満があることを前提としています。

では、その内蔵脂肪はなぜそんなに目の敵にされているのでしょう。

 

まず、食事によって脂質や炭水化物を摂り過ぎると、余ったエネルギーが脂肪として脂肪細胞に溜まります。

脂質を摂らなければ脂肪はつかないって考えている人がいますが、これは大きな間違いなんです。

炭水化物も脂肪になりますから。

 

そして脂肪細胞には2種類あって、皮下組織に蓄えることのできる皮下脂肪と、内蔵の周りにある脂肪組織に蓄えられる内蔵脂肪とがあります。

筋肉の外側が皮下脂肪で腹筋の内側が内蔵脂肪って感じですね。

内蔵脂肪は成人男性や、更年期以降の女性に増加していることが多く、一説によるとホルモンが関係しているとも言われています。

 

 

内蔵脂肪は皮下脂肪よりもエネルギーの貯蔵・供給を活発に行います。

また、内蔵脂肪は一時的なエネルギー貯蔵庫のようなものです。

 

皮下脂肪と比べると脂肪がつきやすい反面、落としやすい(分解されやすい)という特徴があります。

これがせめてもの救いです。

 

 

でもですね、全身に占める内蔵脂肪の割合は、皮下脂肪よりもはるかに少なく、内蔵脂肪が蓄積しているということは脂肪細胞内の中性脂肪が満杯になっていることを意味するんです。

そうなると脂質異常や高血糖、高血圧などが引き起こされます。

 

 

また、脂肪細胞はこれまでは単なるエネルギーの貯蔵庫と考えられてきましたが、最近の研究によってアディポサイトカインという生理活性物質を分泌する働きがあることが分かっています。

このアディポサイトカインと呼ばれるやつにはコレステロールと同様に善玉と悪玉とがあり、健康な状態では両者がバランスよく保たれています。

 

しかし、内蔵脂肪が蓄積するとバランスが崩れて善玉アディポサイトカインの働きが弱くなり、悪玉の働きが活発になるようです。

 

現在、この分泌の乱れが生活習慣病の発症や進行に深く関係していると考えられています。

 

 

人の身体は内蔵脂肪が蓄積すると、それだけでさまざまなリスクが高まります。

その上、遺伝低に生活習慣病の要素を持っている場合は、それぞれの症状が強く現れやすくなります。

だから内蔵脂肪は目の敵にされているんですね。