肥満分類肥満には2種類の分類ができます。

ひとつはりんご型の肥満、そしてひとつは洋ナシ型の肥満です。

 

その違いは、見た目にも違うのですが、脂肪のつき方にも違いがあるんです。

 

 

 

まず、りんご型の肥満ですが、こちらがメタボの第一条件となる内蔵脂肪型の肥満ということになります。

 

人の体系と、りんごをイメージして下さい。

りんご型の肥満は、主にお腹まわりに脂肪がつきます。

男性に多く、閉経後の女性にもよくみられますね。

全体的にはそんなに太っていないけど、お腹だけぽっこり出ている場合は内蔵脂肪型の肥満の可能性が大きいです。

 

内蔵脂肪は、本来は内蔵を守るクッション的な役割を担っています。

もともとは内蔵脂肪自体が健康に悪いというわけではありませんが、多く蓄積することでメタボの原因になり、悪い影響が出てきます。

 

内蔵脂肪の多さとお腹まわりのサイズはほぼ比例状態にあります。

なので、メタボの要件としてウエスト(腹囲)を測ることで内蔵脂肪の多さを調べるんです。

 

 

次に、洋ナシ型の肥満です。

こちらは、内蔵脂肪型の肥満とは反対に、皮下脂肪型の肥満となります。

見た目は、下腹部や太もも、お尻などに脂肪が多く蓄積するタイプです。

比較的、若い女性に見られる肥満のタイプといえるでしょう。

 

皮下脂肪は、内蔵脂肪と比べると代謝に影響を及ぼすことは少ないと考えられています。

 

あなたはどちらのタイプだと思いますか?