メタボの好物メタボや、メタボ予備軍と呼ばれる人の中には、高血圧の人が実は多いんです。

 

それもそのはず、メタボのベースは内蔵脂肪型の肥満です。

んで、その原因になっているのが良くない生活習慣。

 

具体的に言うと、良くない「食事」や「運動」の習慣です。

さらに具体的に言うと、食べすぎや運動不足ですね。

 

活動(運動)に必要なエネルギーは食事によって摂ることができるのは当たり前ですね。

 

栄養として摂る摂取エネルギーと活動に必要な消費エネルギー。

その両方のバランスが良い状態が身体的に「健康」な状態です。

 

消費エネルギーより摂取エネルギーの方が多い状態が続くと、内蔵脂肪がどんどん溜まり、肥満になっていきます。

 

 

内蔵脂肪ってヤツは、血圧や血糖値、脂質代謝にとってはとってもやっかいなヤツで悪さをします。

 

でも、内蔵脂肪もかわいい?ところがあるんです。

それは皮下脂肪と比べると、溜まりやすい半面、なくなりやすいということです。

 

 

内蔵脂肪が溜まる原因は食べ過ぎと運動不足といいました。

ということは、食べすぎをなくし、運動をするなどの生活習慣を改善させれば内臓脂肪はなくなるんです。

 

 

まず、食べすぎをなくします。

食べ過ぎは肥満の元ですからね。

そういうと、食事を抜く人がいますが、食事を抜くとその多くの場合は次の食事の時に一気に栄養を吸収しようとして、よけいに摂取エネルギーが大きくなります。

そうなると元も子もなくなりますので、なるべく1日3食はキチンと食べましょう。

 

 

また、早食いも肥満を招きます。

食事の時には、満腹中枢といってお腹がいっぱいになったと脳に知らせる神経があります。

早食いは、その満腹中枢が働く前にたくさん食べちゃうので、自然と食べる量も増えてしまいます。

 

 

他には飲酒ですね。

お酒を飲むと食欲も促進されるので、どうしてもおつまみに手が伸びてしまいます。

飲みすぎると、それ自体も体に良くないので、お酒はたしなみ程度にしておきましょう。

 

 

そして運動ですが、運動は有酸素運動が効果的です。

ですが、肥満になる人の多くは運動の習慣がありません。

 

そのような人が突然運動をすると、血管はもちろん心臓にも大きな負担をかけることになります。

なので、始めはただの散歩のような軽めの運動から始めましょう。

疲労をためないためにも運動前後のストレッチも重要です。

 

 

食べすぎや運動不足を改善し、健康的にダイエットをすれば内蔵脂肪も怖くありません。