メタボメタボとは、メタボリックシンドロームのことを指し、比較的最近出てきた言葉です。

 

内臓脂肪型の肥満に代謝異常がいくつか合併した状態の時にメタボと呼ばれます。

 

んで、その判断の基準ですが、ざっくり言うと

 

  • 内臓脂肪型の肥満

プラス

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常症

のいずれか2つ以上を併せ持った時ということになります。

では、もう少し具体的に見てみましょう。

まず、全体となる内臓脂肪型の肥満ですが、簡単に診断できるように腹囲(ウエスト)で判定します。

腹囲、おへその高さのお腹回りがの基準は以下になります。

  • 男性85cm以上
  • 女性90cm以上

これらの数値を超えていれば内臓脂肪型の肥満ということになります。

そこからさらに、以下の2つ以上が重複していればメタボになります。

  • 上の血圧130以上、または下の血圧(拡張期血圧)が85以上
  • 空腹時血糖値110mg/dl以上
  • 中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満

ちなみに、内臓脂肪型肥満プラス、上記項目が1つのみ該当ならメタボ予備群となります。

ちょっと前までは、こうした血圧や血糖値、脂質代謝異常の症状が軽ければ「気をつけましょう」的な感じで済まされていて、スグには対応していないのが実際でした。

でもそれらを複数併せ持つことで、動脈硬化が促進し、心疾患や脳血管障害の危険度が高くなることが分かってきたんです。

さらに、それらは運動不足や食生活などの生活習慣が関わっているてことが分かっています。

そこで登場したのがメタボという概念ですね。

メタボの段階で対策を打っていけば高血圧や糖尿病、高脂血症を防ぎ、さらには動脈硬化になることを予防できることが期待されているんです。

2008年の4月から実際に、40歳~74歳の被保険者を対象に特定健康診断・特定保健指導が始まっています。

これらは別名メタボ健診とも呼ばれています。

もう既にメタボと判定され、保健指導を受けている方もおられるのではないでしょうか?

メタボでは、内臓脂肪型が健康に影響を与えているというのが基本的な考え方です。

ですので、保健指導では、運動や食事などの生活習慣を改善することによって内臓脂肪を減らし、健康な体を取り戻しましょうというのが目的になります。

ウエスト周囲や血圧などは、自宅でも測れるので時々はチェックしてみるのも良いですね。