生活習慣病とは、という話題に話題に入る前に、成人病という言葉について話しましょう。

成人病とは昭和32年に提唱された行政用語です。

「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、
しかも全死因のなかで上位を占め、40~60歳くらいの働き盛りに多い疾患である」

と言われていました。

そして、3大成人病と言われていたのが「がん・心臓病・脳卒中」でした。

そして、それらの3つに対しての対策は、早期発見・早期治療という2次予防でした。

毎年健康診断を受ける機会があり、
見事に日本は世界でも有数の長寿大国になっているんです。

 

さてそこで次のステップです。

成人病というは、年齢に焦点を当てて着目されていました。

その名称のニュアンスから、年をとってからかかる病気というイメージが出来ます。

でも、その成人病にかかったり、進行したりする背景には
ひとりひとりの生活スタイルが深く関わっているということが次第に明らかになりました。

だから、生活習慣を見直していけば成人病は予防することができる、
つまり2次予防よりも1次予防に重点をおくことができるということは、
昔から言われていたんです。

でも、「成人病」という言葉のイメージから、
比較的若い年齢層の人はどうしても危機感が薄いという現実がありました。

そこで、名称が「成人病」から「生活習慣病」に変更されたんです。

生活習慣病の定義は

食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、
その発症や進行に関与する疾患群です。

この言葉の普及により、若年層にも健康志向が高まったことはなんとなく理解できるでしょう。

ただ、「言葉の問題」としては、やはり気をつけなければならない部分もありました。

生活習慣病というのは、やはりその言葉のイメージから
「病気は個人の責任」と思われることも考えられますよね。

確かにそんな側面が重要なのですが、遺伝や環境、個人の生活習慣だけでは済まされない複数の要因も関与しています。

なので、疾病や患者さんに対しての差別や偏見は持たないようにしましょう。