高血圧を予防、改善するためには適度な運動が効果的だとされています。

これは運動そのものが血圧を下げる効果があることに加え、

適度な運動をすることで体重を減らすことができればやはり血圧を下げることができるからです。

肥満体型、いわゆるメタボの状態だと高血圧になりやすいというデータもあり、

適度な運動をすることで体重を理想的な状態に維持することはとても重要です。

 

では、運動ならなんでもいいのかというと実はそうではありません。

例えばなわとびは手軽にできてちょうどいい運動になりそうですが

高血圧対策としてはおすすめできな運動です。

 

というのもなわとびは激しい運動に該当し、

体を激しく動かすことはむしろ血圧上昇につながってしまうからです。

 

高血圧対策として有効な運動とは有酸素運動のことで、

これは酸素を採り入れながらできる運動のことです。

たとえばウォーキングや軽いランニング、水泳や体操などです。

 

これらの運動はそれほど激しくなく血圧を下げる効果も期待できるのですが、

なわとびのような激しい運動は逆効果になってしまう可能性があります。

 

激しい運動の方が体重も減らせて良いようにも思えますが

有酸素運動はダイエットにも効果的ですし、

血圧が高い場合は激しい運動や筋トレなどをしないように気を付ける必要があります。

 

運動療法というとどうしても激しい運動やスポーツをイメージしてしまいますが

実はそれが大きな落とし穴になっています。

 

高血圧対策には軽い運動、これを心がけましょう。