血圧を下げる運動に効果が良いとされているものにウォーキングがあります。

ウォーキングは

  • 誰でも
  • どこでも
  • 手軽に
  • 安全に

できるので、お医者さんも大抵推奨しています。

歩数系をつけて毎日がんばって歩いている人も多いですね。

 

これからウォーキングを始める人から

「いったい何歩くらい歩いたらいいんですか?」

とか

「何分くらい歩くのがいいんですか?」

とか聞かれることが多いですね。

それぞれの病気の状態とか、体重とか、状況によっても違ってきますが、自分に無理のない範囲で目標を設定しましょう。

 

では質問の多い、ウォーキングの目安ですが、

運動習慣の全くない人は、まずは1000歩程から始めてみましょう。

それぐらいなら殆ど苦ではないと思います。

むしろ物足りないと感じるかもしれません。

歩くペースは特に考えなくても構いません。

まずは、歩くことに慣れましょう。

ウォーキング

歩くことに慣れてきたら、まずはペースを早めます。

歩くペースは、10分間に1000歩を目安にしてみて下さい。

これは、走るほどではないけど、やや急ぎ足といった感じのペースです。

問題ない人は2000歩、3000歩と目標をあげていきましょう。

ここまでは問題なく毎日消化できるくらいの歩数です。

 

そうやって少しずつ歩数を多くしていき、
まずは5000~6000歩を目指しましょう。

その大体1時間くらい歩く感じになります。

ここまで来ると、いい汗もかいて、ややきついと感じるくらいになります。

その状態を最低2ヶ月くらいは維持できるようにしましょう。

ちょっとしたお出かけや、通勤、買い物ついでにウォーキングをすれば、意外と5000歩ってスグいくもんですよ。

 

それも慣れてきて、ウォーキングが生活の一部に組み込まれてきたら、また歩数を増やします。

そうしているうちに、いつの間にか8000歩から10000歩にはなっていきますよ。

 

大切なのは、無理なく続けられる目標を設定することです。

そして、歩くお連れがいればもっと良いですね。