高血圧は塩分と密接な関係があると言われています。

 

日本人に高血圧が多いのも

塩分の多い食生活が原因の1つになっていると考えられているくらいです。

 

日本食は味噌汁や漬物など塩を多く使ったものが多くあります。

こうした食事を毎日のように食べることによって塩分の過剰摂取となり、

その結果高血圧になってしまうわけです。

 

では、なぜ塩分を摂り過ぎると高血圧になるのでしょうか。

実はその仕組みははっきりとはわかっていません。

 

ただ、塩にはナトリウムが含まれており、

ナトリウムを大量に摂取すると血液中の水分が増えるとされています。

 

これは血液の量が増えることにつながり、血液の量が増えることで血圧も上昇するのです。

つまりナトリウムが根本的な原因になっていると考えられています。

 

 

実際、高血圧患者に減塩をしてもらうと血圧が下がるというデータが出ています。

個人差があるため血圧が下がらない方もいるのですが、

それでもやはり塩分の摂り過ぎはよくないと言えます。

高血圧の治療で食事療法をすることが多いのもこれが理由となっています。

 

 

塩分は人が生きていくためには必要不可欠な存在で、

まったく摂取しないというのもいけません。

 

ですが摂取のしすぎもまた体に悪影響を与えることになりますので

毎日の食事の中で適量を摂取するように心がける必要があります。

 

特にすでに高血圧だという方は今の食事を見直し、

塩分の量を減らすようにすると症状が改善される可能性が高くなります。