高血圧ってどのくらい

血圧は、至適血圧、正常血圧、正常高値血圧、そして高血圧というように、数値によって分類されています。

高血圧は血圧の数値が高いことで判断しますが、その基準は決まっていて体質や生活環境によって異なるということはありません。

一昔前までは、最高血圧が140以上、最低血圧が90以上だと高血圧とされていて、分類も軽症、中等症、重症というように分類されていましたが、2009年にガイドラインが改正されました。

 

新しいガイドラインでは、至適血圧が最高血圧120、最低血圧80、正常血圧は130と85、正常高値血圧は130から139と85から89となっています。

これ以上が高血圧となりますが、以前は軽症という分類だったⅠ度高血圧は140から159と90から99、中等症はⅡ度高血圧となり160から179と100から109となります。

 

そして重症となるⅢ度高血圧は180と110以上となっています。

つまり高血圧と判断されるのは、Ⅰ型高血圧の数値以上となるのです。

 

ただし、Ⅰ型の数値以上じゃないからといって安心は出来ません。

正常高値血圧は、高血圧ではないものの一歩手前というレベルで、生活習慣などを改善しないと高血圧になってしまう可能性があるということです。

 

また正常血圧であったとしても、心筋梗塞や脳卒中をおこなさないということではありません。
このような疾患の発症率が低いのは至適血圧以下の数値となっているので、血圧は低い方が良いというのが現代の見解です。

 

もちろん低血圧の状態だと問題がありますが、血圧は出来る限り低くなるようにコントロールすることが、血管への負担を減らし、高血圧や生活習慣病になるリスクを軽減させることになります。

 

ちなみに、血圧の分類として収縮期高血圧というのがあり140と90という数値が基準となっていますが、これは収縮期血圧だけが特出して高く動脈硬化などが引き起こされている人だけに限定される数値なので、一般的な血圧の分類とはされていません。

⇒ あなたの高血圧は持続性か本態性か?