血圧が高いと高血圧になるわけですが、

その具体的な基準を知っている方はそれほど多くありません。

 

いったい血圧がどのくらいになったら高血圧と判断されるのか、

これを把握しておくことは大切です。

 

そうすれば自分で血圧を測った時にも高血圧かどうかを調べることができます。

まず、正常とされる血圧は最高が130、最低が85程度になります。

つまりこれよりも血圧が高くなると高血圧だと考えることができるわけです。

実は高血圧にも種類があり、1度、2度、3度の3つに分けることができます。

 

 

血圧の最高が140から159、最低が90から99の範囲だと1度高血圧となり、

高血圧としてはもっとも軽い種類に分類されます。

 

正常な血圧とそれほど数値が変わらないのがわかると思います。

 

最高が160から179、最低が100から109になると2度高血圧で、

最高が180以上、最低が110以上になると3度高血圧です。

 

病院で診察を受けた場合などは担当する医師によって判断が変わる可能性もありますが

基本的には上記で紹介した数値が高血圧かどうかを見極める基準になります。

 

ただ、この基準は時代の変化とともに変わることもあり、

このくらいの血圧だと高血圧というのははっきりと言えない部分もあります。

 

特に正常とされる血圧に数値が近い場合は高血圧かどうかを判断するのが難しくなりますので

やはり病院で診察を受けることも重要になるでしょう。

自分で血圧を計る場合の参考程度に考えるといいかもしれません。