カルシウム拮抗薬は、もともとは不整脈とか狭心症の薬として開発されたものです。

実は、降圧剤として効果が分かったのは偶然なんですよね。

それが現在ではスタンダードな降圧剤として一番多く利用されています。

降圧剤として使われている主なカルシウム拮抗薬は

  • アダラート
  • アテレック
  • アムロジン
  • カルスロット

があります。

カルシウム拮抗薬には、いくつかの種類があるのですが、降圧剤として使用されているのはジヒドロピリジン系とベンゾジアゼピン系の2種類になります。

 

まず、ジヒドロピリジン系のカルシウム拮抗薬ですが、動脈を広げることで血圧を下げる薬です。いま現在使われている降圧剤の中では最も降圧効果が高いといわれていて、国内で最も多く使われている薬です。

臓器に血流が保たれるので臓器障害や高齢者にも良く使われていますね。

副作用は頭痛、動機、頻脈(心拍数の増加)、顔のほてり、足のむくみなどがあります。

 

次にベンゾジアゼンピン系のカルシウム拮抗薬です。

こちらは、比較的ゆるやかに血圧を下げるタイプの降圧剤です。

ジヒドロピリジン系が脈拍を早くする作用があるのに対し、ジヒドロピリジン系は脈拍を抑える働きがあり心臓に強く作用する薬です。

副作用は、徐脈、まれに房室ブロックがあります。

 

また、カルシウム拮抗薬の注意点として、グレープフルーツジュースを飲まないようにしなければなりません。

グレープフルーツに含まれるフラボノイドの一種が、カルシウム拮抗薬の作用を強くしてしまうことがあるためです。

しかも、グレープフルーツジュースのそれらの影響は、2~3日続きます。

ですので、カルシウム拮抗薬を毎日服用している人は、グレープフルーツジュース、またはグレープフルーツは摂らないように注意が必要です。

ただ、それらの作用は個人差も大きく、症状として出たりでなかったりです。

もしも一緒に服用してしまっても、あわてる必要はありませんので、まずは自分で血圧を測定してみて下さい。

もしも血圧が異常に低下していたり、動悸やめまいがあるかどうか自分で確認しましょう。