オーストラリアで注目すべき研究結果が報告されたようですね。

なんでもEDの重症度と心臓の血管疾患の死亡率に関係があるのだそうです。

 

EDというは、勃起不全のことです。

EDに悩む男性も実は、結構多いんですよね。

 

研究では45歳以上の男性95,038人を追跡調査したそうです。

ちなみにそれらの方の平均年齢は62歳で、自己申告形式のアンケート調査でした。

 

その申告によると

  • 45~54歳  2.2%
  • 55~64歳  6.8%
  • 65~74歳 20.2%
  • 75~84歳 およそ半数
  • 85歳以上  75.4%

の方が重症のEDに悩んでおられたそうです。

 

 

しかしまぁ・・・

とても高齢でもEDであることに悩むものなんですね。

生涯現役でありたい!というのが男の心情なのでしょう。

 

 

まぁそれは置いておいて。

勃起不全と心臓血管疾患のの関係でしたね。

 

自己申告でご自身が重症のEDであると答えた人と、そうでないと答えた人と比べると

心血管疾患で入院するリスクが35%も高かったことが分かっています。

さらに、全てを含めた死因を踏まえると93%高かったそうです。

 

また、既往歴に心臓疾患を持っている場合は、

入院リスクが64%

全ての死亡を含めると137%も高かったとのこです。

 

 

これを見ると、どうやらED(勃起不全)と心血管疾患は関係しているようですね。

心臓の血管を流れる血流が悪くなるということは

当然のことながらペニスにかかる血流も悪くなるという研究者もいるようですね。

 

 

実際に、EDの背景には高血圧や糖尿病などの生活習慣病が見られるようです。

ちなみに、国内の診療ガイドラインでもEDと心血管疾患は関連付けられています。

 

 

高血圧や糖尿病を予防・改善させることは

ED(勃起不全)を予防・改善させることにも繋がるかも知れませんね。