脳卒中のひとつにくも膜下出血があります。

テレビドラマなんかではよく聞く病名ですが、実際にそれって何って聞かれても難しいですよね。

 

脳の表面は、外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3層の髄膜で囲まれています。

そしてくも膜と軟膜の間はくも膜下腔と呼ばれていて、そこにも血管が走っています。

このくも膜下腔で血管が破裂するのがくも膜下出血と呼ばれるやつです。

 

 

くも膜下出血の原因としては、脳動脈瘤の破裂があります。

脳動脈瘤っていうのは、血管の「こぶ」だと思ってください。

 

血管の一部分がこぶのようにふくらんだのが脳動脈瘤です。

動脈瘤って、血管が薄くなっているから破裂しやすいんです。

 

 

これは水の入った風船をイメージすると分かりやすいかもしれません。

風船が膨らむとゴムは薄くなりますよね。

 

その状態の水風船はちょっとの刺激で破れてしまします。

同じように脳動脈瘤もちょっとの刺激で破裂してしまうんです。

 

 

そのちょっとの刺激っていうのは、血液の圧力も入ります。

つまり、高血圧もくも膜下出血のトリガーになっているってわけですね。

 

くも膜下出血の特徴としては、後頭部の激しい頭痛です。

また、首や手足の硬直、吐き気も伴います。

意識を失うのも早く、そのまま命を奪われることもあります。

 

また、いったん止まって落ち着いたと思っていても、数日後にまた再出血を起こすことも多いです。

 

 

脳動脈瘤をいち早く発見するためには、脳ドックが有効です。

脳ドッグとは、いわば脳の健康診断ですね。

 

脳動脈瘤が見つかると、破裂させないための手術が検討されるのですが、いかんせんデリケートな場所です。

手術自体のリスクも大きなものになります。

大きさにもよるでしょうが、高齢者などでは手術されないケースも多いですね。