高血圧の合併症で最も関係が深いといわれているのが脳卒中です。

世間でよく言われる脳卒中とは、主に脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などなどがあります。

 

脳には細い血管が張り巡らされています。

高血圧の状態が続き、動脈硬化が進行すると脳の血管は傷つき、弾力を失います。

そこへさらに血管に圧力が加わると、血液が血管を押す力に耐えられなくなった血管が破裂してしまいます。

 

それが脳出血と呼ばれるやつです。

脳内出血とも呼ばれますね。

 

それは前ぶれもなく、突然やってきます。

しかも、命に関わる深刻な病気として。。。

 

ただ、脳出血の発症が多い時間帯というのが存在します。

それは午前10時~12時頃です。

その時間に、やつは突然襲い掛かってくるんです。

 

 

脳出血をおこすと、激しい頭痛やめまい、嘔吐(リバース)などが症状として現れます。

多くの場合は、発症してから1時間~6時間ほどで出血は止まるのですが、全体の30%は重症といわれています。

最悪の場合には、発症してから1時間ほどで意識を失い、そのまま死に至ることもある、恐ろしい病気です。

 

しかも、脳は人体の司令塔です。

そこが犯されるのですから、当然脳の機能はストップします。

 

 

脳出血の歳、意識障害が軽いほど命を失う危険は減りますが、出血の場所によっては、後遺症として残る場合もあります。

もちろん後遺症も残らない場合もありますが、助かったはいいけど、片麻痺や言語障害が後遺症として残るってパターンもよくあります。

 

脳出血を避けるためには、高血圧を予防するのが一番です。

普段から、血圧を管理し、適切な栄養と運動を心がけると良いですね。