脳には太い動脈や細い動脈が張り巡らされています。

そして、動脈硬化によって脳の血流が途絶えると脳梗塞という病気になってしまいます。

脳梗塞には、大きく分けて3種類あるんです。

その3種類とは、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳梗塞症の3つです。

 

まず、アテローム血栓性脳梗塞から説明してきましょう。

アテローム血栓性脳梗塞の主な原因はコレステロールになります。

 

脳の太い動脈にコレステロールが沈着すると、粥状の固まりができるんです。

つまり、血管内の血液の通り道が狭くなるなり、血の流れも悪くなります。

 

そこに血栓が詰まると、その先の脳の組織が壊死してしまいます。

それがアテローム血栓性脳梗塞と呼ばれるやつで、治療が遅ければ遅いほど後遺症の危険度が高くなっています。

近年では患者数も増加しているようです。

 

 

次にラクナ梗塞です。

「ラクナ」とは、ラテン語で「小さい穴」という意味で、アテローム血栓性脳梗塞が脳の太い血管に起こるものに対し、ラクナ梗塞は脳内の細い血管が動脈硬化を起こすのが原因となります。

 

ラクナ梗塞の動脈硬化の原因は高血圧です。

脳の細い血管に血圧が高い状態が続くと、血管は分厚くなったり、もろくなったりして動脈硬化はさらに進みます。

 

もともと細い血管なのに、さらに血液の通り道が狭くなるといとも簡単に血流が途絶えてしまい、脳梗塞に至るというわけです。

小さい脳梗塞がいくつも起こると、認知症にも繋がりやすくなります。

 

元々日本ではこのラクナ梗塞が多いといわれています。

 

 

最後に心原性脳梗塞症です。

日中に起こることが多い脳梗塞で、心臓にできた血栓が脳に流れて脳動脈を塞ぐもので、高血圧とはあまり関係ないといわれています。

また、心臓でできた血栓は大きくて溶けにくいのが特徴で、血管に詰まると重症化しやすいといわれています。

 

 

脳は体に命令をだす司令塔です。

高血圧を放っておくと、知らず知らずの内にその脳に大きなダメージを与えることにもなるんです。