高血圧対策にお茶が良いという話を聞いたことがあるでしょうか?

実はこれにはお茶の中に含まれているある成分が大きく関係しています。

 

その成分とは2つ、カテキンとテアニンです。

1つ目のカテキンは茶カテキンや緑茶カテキンなどとも呼ばれ、

お茶であればどんな種類のお茶にも含まれている成分です。

 

カテキンには血圧の上昇を抑える働きがあり、

この働きが高血圧対策として非常に有効なのです。

 

毎日お茶を飲むという方も多いと思いますが、

知らず知らずのうちに高血圧対策ができてしまっているわけです。

 

対策と言ってもお茶を飲むだけですから非常に簡単にできることも嬉しい点です。

 

さらにカテキンには血中コレステロールを調節したり、

血糖値を調節したりする効果もあります。

 

健康を維持するためにはカテキンは間違いなく欠かせない成分ですね。

 

テアニンもやはり高血圧対策に有効で、

テアニンを摂取すると脳の興奮状態が緩和され血圧の上昇を防止、

さらに降圧作用も発揮してくれます。

 

カテキンと同時に摂取できますからその効果も高くなることが期待でき、

お茶を飲むということは高血圧を予防するために非常に大切なことがわかります。

 

ただし、緑茶に関してはカフェインも含まれており、カフェインは血圧上昇効果があります。

カテキンとテアニンを摂取することでカフェインの働きを抑えることができますので

飲んでも問題はないのですが、できるだけ血圧が上昇するのを避けたいということであれば

緑茶以外のお茶を飲むようにするのもいいかもしれません。

 

とはいえ緑茶が駄目だというわけではありませんので、

あくまでもリスクを最小限に抑えたいならという話です。

 

さて、お茶以外でオススメと言えば、コーヒーですね。
好きな方もそうでない方も、必見ですよ^^

⇒ コーヒーが高血圧や糖尿病を遠ざける