高血圧というと、高齢者の方で特に男性に起こるものと思いがちですが、

最近は30代の女性でもなる人が増えています。

 
ただし、高齢者に発症する高血圧は

加齢もしくは原因がはっきりしていない本能性高血圧ですが、30代女性の場合だと

原因が病気など体調不良に起因している続発性高血圧の割合が多いことが分かっています。

つまり30代女性の場合、比較的原因が特定しやすいので、

生活習慣を改善することで治しやすいと言えるのですね。

 

30代にもなると、仕事にも経済的にも余裕が出てくる頃なので、

どうしても外食が多くなって食生活が乱れたり、夜遊びで睡眠が不足したりしてしまいます。

 

また、お酒を飲む機会も多くなりますし、

さらに人間関係のストレスなどで内臓器官への負担も大きくなります。

 

体の内部では疲労が蓄積されていきますし、

メンテナンスをしっかり行っていないとその負荷が血管や血液にいってしまうのです。

 

自分の生活習慣を見直せば、ある程度何が原因で高血圧になっているかわかるので、

まずは生活記録をつけてみてください。

 

その日1日、何を食べたか、睡眠時間はどのぐらいか、運動をしたかというだけで構いません。

生活記録をつければどこに問題があるのかがすぐに分かるので、

原因となっている習慣をすぐに改善しましょう。

 

外食が多いという方は塩分の摂り過ぎに注意して、

出来るだけ自炊をするように心がけましょう。

 

外食では野菜をメインに食べるようにしたり、

ドレッシングではなくレモンやオリーブオイルなどで味付けをするといいですね。

 

睡眠時間が短いと、体内のメンテナンスが行われませんし、

疲労やストレスが蓄積してしまうので質の良い睡眠をたっぷりとってください。

 

運動不足は血流の低下を招いてしまうので、

ストレッチやエクササイズなどでしっかり体を動かしましょう。

 

これだけ見ると高血圧の改善法には思えないかもしれませんが、

原因が生活習慣によるところが大きい30代女性の高血圧は日常で

無意識に行っている活動を意識して変えることが大切なのです。

 

ですので、細かいところも見逃さないようにして、生活の中から改善していきましょう。