う~寒い寒い。。。

こうも寒いと血圧も上がります。

 

気温と血圧の関係

知ってますか?

 

季節と血圧の関係

知ってますか?

 

実は、興味深いデータがあるんです。

オムロンヘルスケアの「にっぽん健康データ2012」によると

1年のうち、一番血圧が高い月は、1月なんだそうです。

 

「にっぽん健康データ2012」っていうのは、

2012年の1月~12月の血圧、気温、歩数について調べたデータです。

データの15万人を対象に分析されていますので、結構信頼できるデータですね。

 

 

さて、話を戻して一番血圧が高いのは1月ということでした。

冬は気温が低いから血圧が上がるのは当たり前ですよね。

 

冬の中でも特に1月が高いのは、

年末年始の生活習慣がひとつの原因なんじゃないかって話です。

 

 

年末年始ってどうしても不規則な生活になりますでしょ?

ちょっとした暴飲暴食もなりますでしょ?

 

高血圧は生活習慣と密接な関係ですからね。

さらに、1月は1日あたりの歩数も少なかったようです。

 

年末年始と重なって寒い時期だからどうしても運動不足になるのでしょうね。

1月だからこそ、意識して運動する気持ちが必要です。

 

 

また、12月や2月も血圧が高い傾向にあります。

やっぱり寒い時期ですからね。

 

そんで、暖かくなってくると共に血圧は下がるようです。

でも、9月~10月に急な血圧上昇が見られたとのデータもありました。

季節の変わり目には注意が必要ってことですね。

 

 

さて、季節は2月の真っ只中ですが、血圧を上げる要因のひとつが急激な温度の変化です。

寒暖の激しい2月は特に注意が必要です。

意識的に室温の調節、衣服などで体温の調節を図ることが大切ですね。

 

特にお風呂は要注意です。

ヒートショックを起こすことのないようにしましょうね。