以前の記事でヒートショックについて話をしたことがあります。

高齢者の方などが、入用k中に体調が急変して死亡する事故は、

年間でなんと1万7000人に上ると、東京都健康長寿医療センター研究所が発表しています。

 

これがどのくらいの数字か分かりますでしょうか。

交通事故の年間死亡者は4400人といわれています。

 

うーん。

実に4倍に達する勢いですね。

 

 

高齢になると、免許証を返さないと取り返しがつかない!

なんて言っていますが、入浴はさらに危険な行動なんです。

 

 

車の運転はしなければ危険は回避できますが、

お風呂に入らないってわけにはいきませんよね。

どんなに危険だと分かっていても、お風呂には入りたいものです。

 

 

そりゃそうでしょう。

衛生にも気をつけなければ日常にも支障をきたします。

病気になる事だってあります。

 

 

んで、話を戻してヒートショックでしたね。

ヒートショックの最も大きな原因は、血圧の急激な変化です。

 

寒い日に服を脱いで裸になると、体温と外気温の差が大きくなってしまいますので、

血管は縮まり、血圧はグーンと上がります。

 

そして湯船に浸かると、また一気に熱くなるので血圧はさらにグググーンと上がります。

でもしばらくすると、身体が温まって血管が広がり、血圧はストーンと下がります。

 

こういった、血圧の急激な変動が危険なんです。

こうした血圧の急激な変動で意識障害を起こしてしまい、お風呂で溺れてしまうんです。

 

 

入浴中に急死に至る原因は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、心筋梗塞などいろいろあります。

血圧の急上昇により、血管が破裂すると脳卒中に繋がります。

反対に、血圧の急降下によって低血圧になると、意識障害を起こすこともあります。

 

また、血圧が急に下がると、心臓は全身に血液を送ろうと活発になります。

そして、心臓に負担が掛かりすぎると心筋梗塞に繋がる場合もあります。

 

 

気温の差による血圧の急激な変化だけでなく、起立性の低血圧にも注意が必要です。

起立性低血圧とは、横になった状態や座った状態から急に立ち上がることで、

瞬間的に低血圧になる状態のことをいいます。

 

浴室で起立性低血圧を起こすと、バランスを崩して転倒する場合もあります。

転倒した際に骨折したり、頭を強く打ったりして死亡することも充分考えられます。

 

 

そういった事故を防ぐためにも、寒い日の入浴は特に注意が必要です。

特に高血圧の傾向がある人は注意しましょう。