冬の時期に多いのが入浴中の事故です。

入浴って本来は気持ちのいいものですが、状況によって時に人を死に至らしめることもあるんです。

 

その原因のひとつがヒートショックです。

お年寄りの室内での死亡要因のおよそ25パーセントとも言われています。

 

でもそれだけではありません。

実は若い人でも危険といわれています。

 

 

ヒートショックとは、簡単に言うと

温度が急激に変化することによって起こる体調不良のことをいいます。

 

人の身体って、温度変化にはある程度柔軟に対応できるようになっています。

それが血圧や脈拍の変化です。

 

 

寒いと血管が収縮して血圧は上がります。

反対に暑いと血管が拡張して血圧は下がります。

それはある意味、人の身体が環境に適応しようとしているということです。

 

 

しかし、あまりに急激に環境が変化すると、その適応が追いつかなくなることがあります。

例えば真冬の寒い時期に暖房がしっかり効いて温かい部屋にいたとします。

 

さてお風呂に入ろうと、寒い脱衣室で裸になります。

すると、暖まった身体は急激に冷えますから、血圧も急激に高くなります。

 

そして次に、「寒い寒い」と熱い湯船に浸かります。

すると今度は急激に高くなった血圧は、一気に下がります。

そうした時にヒートショックが起こるんです。

 

 

高血圧をもつ高齢者なんかだと、脳梗塞や心筋梗塞につながることも少なくありません。

入浴中に急死する人の数は、実は交通事故で死亡する人よりも多いことが分かっています。

 

 

さて、高齢者の入浴中の事故が多いのは事実ですが、気をつけなければならないのは高齢者だけではありません。

若い人も注意が必要です。

 

特に高血圧を持つ人や、肥満、メタボリックシンドロームの診断を受けている人。

また、その傾向がある人。

 

 

そういった人は動脈硬化が進んでいる可能性がとても高いです。

ということはやはり、ヒートショックによって心筋梗塞であったり脳梗塞になる可能性が高いということになります。

それは血管系の病気なので、特に高血圧を持つ人は、冬場の入浴には気をつけなければいけませんね。

 

 

危険性が分かれば次は予防方法です。

ヒートショックの原因は、急激な温度変化でしたね。

 

ということは、温度変化をなるべく少なくすればいいんです。

まず、脱衣室にも暖房が効くようにしておきましょう。

 

次に浴室です。

浴室は暖房というわけにはいきませんね。

 

浴室を暖める簡単な方法は、脱衣室も浴室も暖めておくこと。

それには入る前にシャワーを出しっぱなしにしておくと効果的です。

そうすることで、床面はもちろん浴室全体が暖まります。

 

 

ヒートショックは前ぶれもなく突然襲い掛かります。

こうしたちょっとした知識でも防ぐことができますので、日常の中に取り入れてみて下さい。