職場のストレスって実は結構高血圧に関係しているんですよね。

ストレスといってもいろいろありますが大きく分けると2つですね。

ただ単にある仕事のストレス。

それと人間関係のストレス。

仕事のストレスは時間に追われることが多いですね。

ただ、これは充実感にも変わるので一概に悪いストレスだと言い切ることはできません。

しかし、過重といわれる程の労働をするとやはり身体には良い影響は与えません。

過労が血圧を上げる要因にもなりますからね。

 

そしてさらに問題なのは人間関係のストレスです。

人間関係のストレスは、職場の上司、後輩、同僚から受けるストレス。

それと主にお客さんから受けるストレスがあります。

 

まず、職場の上司や後輩、同僚から受けるストレス。

単なる仕事のストレスも関わってきますが、人間関係は気にしようとしなくても気になるものです。

上司からパワハラやセクハラを受ける可能性もあるでしょう。

また、いびられたり嫌がらせを受けたりしてストレスが溜まる場合もあります。

また、お客さんからの過度なクレーム対応に迫られることもストレスに繋がります。

そういった人間関係のトラブルって実はとても多いんです。

実際、職場の悩みの殆どは人間関係によるものですから。

 

そしてそれは確実に体に現れてきます。

そう、高血圧です。

また、抑うつ症状としても現れます。

 

相談する相手がいないと余計に自分の中にストレスを溜め込み、それがまたストレスの原因になったりもしますね。

 

そうならないために必要なのは、まずは相談できる相手を持つこと。

同僚でも構いませんし、職場と全然関係ない友達でも構いません。

よく、愚痴は出したくないって人がいますが、愚痴はストレスの開放にはとても効果的です。

それは結果的に高血圧や抑うつ症状も予防します。

 

人間は開放型の生き物ですから。

食事をしてエネルギーを取り込んだら、消費エネルギーとして外に開放します。

また、排便という形でも開放します。

それと同様に、ストレスも体内に取り込んだら、外に出さなければならないんです。

 

ストレス発散方法は様々で構いません。

自分のバランスを整えるのは、他でもない自分ですからね。