血圧を測定したことがある人なら、血圧が常に一定ではないことは知っていますよね。

そう、常に血圧は変動しているんです。

そして、その変動にもある一定の規則があります。

その規則というのが血圧の日内変動というものです。

 

普通、血圧は寝ている時が一番低く、朝起きると同時に少しずつ上がり始め、昼間は血圧が高くなります。

そして、夕方から夜にかけて血圧は徐々に下がり、また寝ると低くなる。

単純に言うと、血圧は昼は高くて夜は低い、ということになります。

 

早朝高血圧と、夜間高血圧は、この一定の規則から外れたイレギュラーな変動をしている血圧変動になります。

 

 

普通、朝は低いはずなのに、昼よりも血圧が高いようなケースが早朝高血圧です。

実は早朝高血圧は、心臓や脳の病気と深い関係があるんです。

脳卒中や心筋梗塞は、だいたい朝から正午にかけて発症するケースが多いんです。

普通、血圧は朝から午後にかけて上がりますが、朝からの急激な血圧上昇が脳卒中や心筋梗塞の原因になっている可能性が高いといわれています。

しかも、この早朝高血圧ですが、午後の方が血圧が低くなるため、病院で測った時に正常範囲内であることが多いんです。

ということはつまり、早朝高血圧は発覚し難いということになります。

 

原因として考えられるのは、降圧剤の影響だと言われています。

大体、降圧剤は朝に飲むことが多いので、午後からは血圧は下がります。

なので病院に行く頃には薬が効いているため血圧が低いというわけなんです。

早朝高血圧の発見を早くするためには、家庭での血圧測定が重要になります。

 

 

次に、夜間高血圧とは、夜間、眠っている間に血圧が高くなる高血圧のことです。

普通、血圧は夜眠っている間は一番低くなるのですが、これもまたイレギュラーな日内変動ですね。

寝ている間に受診して血圧を測ってもらうわけには行きませんから、これもまた発見され難いんです。

しかも、血圧の一番低いはずの時間帯に血圧が高くなるということは、心臓や脳、そして腎臓にかなりの負担をきたしており、深刻な事態になることも想定されます。

 

夜間高血圧になる原因は

  • 睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害
  • 動脈硬化の進行や心不全・腎不全などによる血流増加
  • 自律神経のバランス障害
  • 抑うつ状態

などが挙げられます。

これらの症状がある人は注意が必要かもしれません。

 

夜間高血圧は、通常24時間血圧測定で調べますが、最近では家庭用血圧計でも睡眠中の血圧を測定できるものもあります。

夜間のの血圧が平均が平均して

上の血圧が120mmHg以上
または
下の血圧が70mmHg以上

なら夜間高血圧となります。

夜間高血圧はその原因に応じた対処が重要になります。